求人応募の際に重要な履歴書や職務経歴書の対策

職務経歴書の書き方

書類選考の際に提出を求められることが多い職務経歴書ですが、書き方を知らない、書いたことがないという人もいます。そこで職務経歴書の書き方や注意点を紹介させていただきます。職務経歴書は、履歴書のようにいつ入社していつ退職したということを書くだけではありません。どのような仕事をしていて、どのような役職についていたのかを詳しく記載する必要があります。

ちなみに学歴は記載する必要はありません。求人に応募した企業がどの企業なのかによっても、若干書き方を変える必要があります。例えば機械加工の仕事をしていて、次の仕事も同じような内容であれば、機械加工をしていてどのような技術を学んだのかなどを記載するとよいでしょう。全く別の職種の求人に応募したのであれば、次の仕事に活かせるようなことを記載すると好印象を与えられます。

インターネット上には、職務経歴書のフォーマットもあるので、参考にしてみましょう。ただし、履歴書と同じく丸写しはいけません。必ず自分の言葉に置き換えて書くことが重要です。職務経歴書の最後には、意気込みや自己PRなどを添えておくとよいでしょう。ただ履歴書の職歴を少々詳しく記載しただけでは、書類選考で落とされてしまうことが多いと言えます。