求人応募の際に重要な履歴書や職務経歴書の対策

履歴書の書き方

履歴書は自分の経歴を書くだけなので、簡単だと思っている人も多いでしょう。もし履歴書を軽視しているようでは、書類選考で落とされてしまう可能性が高いと言えます。履歴書は入社希望者の経歴を確認するだけではなく、丁寧な字で記載しているか、空欄がないかなど、いろいろな面を見ているのです。そんな中でも特に苦労するのが、志望動機の欄でしょう。

履歴書は全て同じフォーマットではなく、購入した場所などによっても多少異なっています。短所や長所などを書く欄は、ある場合とない場合があるのです。しかし、志望動機を書く欄が存在していない履歴書は存在しません。もちろん1番の志望動機は、誰であっても就職をして給料をもらうことでしょう。よほどの変わり者でない限り、好きで仕事をする人などいません。

自分の思っていることをそのまま書いてしまうと、当然不採用になってしまうでしょう。そこでどのようなパターンがあるのかを、インターネットで調べることで書きやすくなります。ただし、履歴書の見本やインターネット上に記載されている志望動機をそのままコピーして記載してしまうと、ほぼ確実に不採用になるでしょう。なぜなら人事担当者というのは、どのような文面が見本やインターネット上に記載されているのかを知っているからです。必ず自分の言葉で書くようにしましょう。


《関連外部リンク》
履歴書を書く際は、求人情報を見て募集要項などを知ることが大切です。採用側も求人情報をきちんと載せていないと、人は多く集まらないでしょう。バイトルへ求人情報を掲載したい場合は、こちらが便利です ⇒ バイトル 求人情報