求人応募の際に重要な履歴書や職務経歴書の対策

求人で重要な書類

よい求人が発見できたら早速応募しますが、応募してから面接までには大変な作業があります。それは書類の作成です。最近はすぐに面接をするのではなく、最初に書類選考をする会社が増えています。なぜなら現在はなかなか正社員になれない時代なので、応募者が殺到することがあるため、書類選考である程度絞り込むのが目的です。また、最近は社員をこき使う上に給料が安いというブラック企業の存在が目立っているので、入社してもすぐ辞めてしまう人が多いと言えるでしょう。

企業側からすれば、すぐに辞めてしまう人は雇いたくないので、書類の書き方などによってある程度見極めているのです。面接のときに必ず必要になるのが履歴書ですが、書類選考を行う場合には、履歴書だけではなく、職務経歴書も必要になることが多いでしょう。履歴書は就職する人が多い学校であれば、教えてくれることもあります。求人雑誌を購入したときに、最後のページに1枚取り付けられていることもありますし、普通に購入すれば見本もあります。

そのため、志望理由以外は比較的書きやすいでしょう。それに対して職務経歴書の場合には、あまりよい見本がありませんし、教えてくれるところもあまりありません。それでも現在ではインターネットで調べることができるので、だいぶ書きやすくなっています。書類の書き方は簡単なようで難しいので、しっかりと把握しておきましょう。当サイトでは求人が見つかったときに必要となる書類の書き方や、抑えておくべきポイントを紹介します。